なっ、なんだ?あの車の艶と輝きは!!

【MK-10H】だれでもカンタンに施工できる新発想の硬化系ガラスコーティング剤!

詳しくはこちら

車の塗装面ツヤ復活剤!小キズを落とし+激ツヤが出る液体コンパウンド

塗面復活剤アイキャッチ画像車磨き・ポリッシング

車の塗面の水垢小キズ落としと同時に、

信じられないような艶も出る液体コンパウンドのご紹介です。

最後に施工動画もありますので、小キズ落としと艶出しの一石二鳥を!とお考えならトライしてみてはいかがでしょうか。

塗面光沢復活剤マイエターナル(my eternal)

マイエターナル前景

マイエターナルは「塗面光沢復活剤」です。

水垢はもちろん!劣化が激しい車の塗膜(クリアー塗装は残っていなければダメ)、小キズを落とし、同時に塗面の艶出しもできる液体コンパウンドです。

オールカラーに対応していて、車の塗面だけでなくプラスチック部分のキズ落としや艶出しにも使えます。

なので、ライトやプラスチックのピラーなどにも使えますよ。

マイエターナル施工前の様子

この画像はマイエターナル施工前の画像です。

マイエターナルは手磨きでもポリッシャーでも施工できます。

今回はダブルアクションポリッシャーで小キズ落としと艶出しをしていきます。

マイエターナル施工前

結構小キズが横に走っていて、ところどころシミのようになっています。

さて、これがどのくらいまで復活するのか?

マイエターナルを施工していきます。

ぽにょん
ぽにょん

洗車はちゃんと済ませておいてね~

マイエターナルを細目バフに付ける量

マイエターナルは伸びがいいので、細目のスポンジバフに3~4滴で十分です。

付けすぎないようにしましょう。

※手磨きの場合にスポンジに付ける量も同じでOKです。

マイエターナルをバフに付ける

細目のスポンバフにマイエターナルを付けたら、施工部分全体に伸ばすようにポリッシャーを回転させながら縦横とゆっくり磨いていきます。

※ダブルアクションポリッシャーは、基本的にゆっくり動かしながら作業します。

マイエターナルポリッシャー作業

※施工の詳細は最下段の動画でご紹介しています。

1回バフにマイエターナルを付けて施工できる範囲は、50cm×50cmくらいの範囲です。

当然、部分施工がオススメです。

一部分を完了したら次の部分と進めていきましょう。

作業後はよくふき取る

1回の作業後はよく拭き取りを行い、残った傷の有無を確認します。

マイエターナル拭き取り

もし、落としきれないキズがあった場合はもう一度マイエターナルをバフに付けて磨き作業をします。

ただし、マイエターナルは深いキズは取れないので、その場合は粗目のコンパウンドで深いキズ処理してからマイエターナルで艶出し作業をします。

ぽにょん
ぽにょん

あまり深いキズは追わない方がいいよ!やりすぎると塗装面のクリアーをはがしてしまい、再塗装にお金がかかるからね。

マイエターナル作業後のビフォーアフター

マイエターナル作業前

マイエターナル施工前

マイエターナル作業後

マイエターナル作業後

マイエターナルで作業後は、横に走っていた目立つキズ、シミも消え、ツヤもヌルテカ状態に復活しました。

この作業時間はほんの5分ほど!手作業で磨きをやったら多分30分から1時間は要していたと思います。

とても簡単に小キズ落としや艶出しができるので、興味がある方はトライしてみてください。

マイエターナル施工後はWAXやコーティング剤を塗ろう

最後に注意点をひつと!

マイエターナルはすごい艶が出ますが、基本WAXやコーティング剤と違い塗面の艶を長く維持することはできません。

シロキサンポリマーという成分が入っていて、これは昔はやったポリマー加工の原料でもあります。

ですが、私が自分の車で実験したところ、艶の保持期間は概ね1か月くらいでした。

ですから、マイエターナル施工後は、お気に入りのWAXやコーティング剤でコートすることをおすすめします。

マイエターナル施工動画

コメント